seonote

TOP >  SEO  >  サイトをつくる理由
サイトを作る理由

サイトをつくる理由

Pocket

サイトをつくる目的でも、サイトづくりについて考えてみましたが、さらに掘り下げて考えてみたいと思います。

元をたどれば情報発信から

根本的なところ考えてみると、
伝えたいことがあるから、情報を発信するという感情から来ていると思います。

仕事だから、
期待している人がいるから、
より多くの人に伝えたいから。

情報発信の理由は、単純なところから本質的なところへ繋がっていると思います。

今ではツイッターやインスタグラムなどのSNSで誰でも気軽に情報発信できるインフラが整備され、タイムリーな情報発信ができる環境が整備されています。

気軽に発信できる分、サイトを作る目的、言い換えれば情報発信する目的まではあまり考えなくても発信できてしまいます。

しかし、サイトをつくる目的・情報発信をする目的を立ち止まって考えてみると、「伝えたい」と思う感情は誰もが持っていますが、誰かに「伝えたい」と思うときはネットを通した社会を意識することでもあります。

伝えたい物がなければ公開しませんし、人のことを考える必要はないでしょう。

社会に関わるということは、同時に社会の規範やモラルも意識しないと行けません。
「社会を意識する」この部分が欠け「伝えたい」感情だけが先行するとトラブルを起こす要因になると思います。

商売目的

SNSを含めた情報発信から考えてみましたが、サイトを作る目的は現在ではビジネスがメインになっているのではないでしょうか。
商売から考えてみると、

「サービスを提供し」→「その対価をもらい」→「利益を出す」

この流れはどの業態でも当てはまることだと思います。
もちろんマイナスになったり、詐欺に当たる物は長続きできず「市場」から淘汰され継続することができません。

利益を増やすために、
より多くの人へサービスを紹介する、
集客する、
いままでの顧客へ情報を発信する、

そのためのネット上の情報発信基地としてサイトをつくると思います。
SNSは情報も蓄積でき即効性もあって効率的ではありますが、どっしりとした基地が欲しいところです。

公式サイト ブランディング ネット上の基地

ネット上の基地を作ると、雑多な情報が溢れるネット上で「公式情報」を出せるようになります。
個人で情報発信する場合でも一般的な企業サイトでも公式があったほうが信頼感があがります。

飲食店などでは検索すると食べログなどの口コミCGMサイトが上位に表示されますが、好きなように書かれると意図しない場合もでてくると思います。

公式サイトを構え、
ツイッターやフェイスブック、インスタグラムへのリンクを貼り同時にSNSを使用して情報発信することも一般的ですね。

公式サイトにブログを設置すれば情報の蓄積ができ、価値ある情報が増えれば「SEO」にも効果がでます。

サイトをつくる理由を考えると、

「チラシよりコストがかからないから」、
「一般的でみんなやってるから」、
「webサイトがいつでも営業してくれる」、
「なんとなく」

で始めることも多いのですが、根本を考えていくと「伝えたいこと」を整理し公開するということになります。

せっかくサイトを作ったけどアクセスが少ない→SEOはお金がかからないからやろう

ではなく、まずは伝えたいことを整理することが重要だと思います。
頭の中で整理する、下書きを書く、整理方法は人それぞれあると思います。

伝えたいことがなければ価値ある情報を発信できないですよね。

サイトをつくる理由から更新につまずくようになるのは、「伝えたいこと」を整理できていないから・・・と考えます。

Pocket

関連記事

  • 情報収集

    検索エンジンの仕組み

    入力したキーワードに最適な情報を表示するために、サーチエンジンは日々オンライン上に存在するwebサイトを閲覧し情報を取得しています。 何億

    記事を読む