seonote

TOP >  SEO  >  グーグルの理念 google 10 things

グーグルの理念 google 10 things

Pocket

SEOの前にグーグルの10の事実という理念がよかったので掲載しておこうと思ったのですが、2017年3月現在なくなってしまったようです・・・

グーグルの会社紹介ページにリダイレクトされるようになってしまいました。
1月はまだあったはずなのに。

変わってしまい残念ですが、(旧?)10の事実を掲載しておこうと思います。

1.Focus on the user and all else will follow.

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

2.It’s best to do one thing really, really well.

一つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

3.Fast is better than slow.

遅いより速いほうがいい。

4.Democracy on the web works.

ウェブでも民主主義は機能する。

5.You don’t need to be at your desk to need an answer.

情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

6.You can make money without doing evil.

悪事を働かなくてもお金は稼げる。

7.There’s always more information out there.

世の中にはまだまだ情報があふれている。

8.The need for information crosses all borders.

情報のニーズはすべての国境を越える。

9.You can be serious without a suit.

スーツがなくても真剣に仕事はできる。

10.Great just isn’t good enough.

「すばらしい」では足りない。

一つのことを誰よりもやれ続ければ、それはその人の生きざまになります。
スマホ時代、パソコンの前だけではなく情報があふれているし、まだまだやることはたくさんある。
完成は無くて日々改良・・・

SEOではなく脱線が多いですがSEOはテクニックではなく書かれている内容(コンテンツ)がすべてだと思います。
上記の理念は独りよがりではなく社会のために大事なことだと思います。


誰のためのIT

IT関連やプログラミング、インターネットの歴史を勉強すると理論的思考が身についたり、オープンソースをはじめとした公共利益のためという意識を目にする機会が多くあると思います。

特にプログラミングはブログやGitHubでコードを公開し共有される方も多くいます。
それはお金だけではなく、社会のために有益だからという理念がどこかにあると思います。
(共有したほうが広まるし、独りよがりじゃ意味もないし、価値もないということもありますが・・・)

IT関連を知らない方と話すと「何のために無料で公開してるんだ?」とか「HTMLにも著作権を主張する」と言われたことがあります。
もちろんHTMLまるまるコピペでサイトを作り運営すれば悪質ですが、価値ある行為ではないですよね・・・(最近では大手企業DeNAのキュレーションサイトが炎上閉鎖しました)
Jqueryが有料になったら誰も使わなくなり、新たな替わりがすぐに出てくるでしょう。

webサイトの管理をしていて辞めた人間が不正なコードを入れてるか調べろとも言われたことがあります。

そういった質問も疑問に感じます。
悪さをするどころか、ITにかかわる人はリテラシーが高いのではないでしょうか。

なぜならデジタルな数字の世界は簡単にばれるからです。
いくら複雑にしても数字はうそをつかないからです。
結局ばれたときペナルティを受けるのは自分であり、がっつりと痕跡が残ってしまいます。

ばれる嘘はつかず、よりよい情報を発信しましょう。
それが社会のためであり、自分のためでもあるのです。

Pocket

関連記事

  • SEOお役立ちリンク

    SEOは日々検証し改善していくことが必要です。 グーグルの評価が日々変わるので当然といえば当然です。 そこで、常に新しい情報が必要で

    記事を読む